美と健康を作る地域密着型のクリニック

〒173-0021 東京都板橋区弥生町53-1
「中板橋駅」徒歩5分

診療時間
10:00〜19:00 × ×

□:14:00〜19:00     △:10:00〜17:00

※祝日のある週の木曜日は10時より診療しています。

ご予約・お問合せはこちら

03-6909-3418

当院のむし歯治療

大人であっても、歯科治療に苦手意識をもっている方は多いもの。その苦手意識は、痛みに対する抵抗感からきていませんか。そこで当院では、痛みを抑えた治療、歯をなるべく削らない治療を実践しています。

痛みの少ない治療に努めています

治療に伴う痛みが怖くて、なかなか歯科医院に行けない、そんな方にも安心して治療を受けていただけるよう、当院では、痛みの少ないむし歯治療をご提供しています。

まずは麻酔。院長の丸山は、大学病院口腔外科出身の外科治療のスペシャリストであるため、解剖学的な知見から痛みを感じにくい部分を見極めることができます。つまり、痛みを感じにくく麻酔注射を打てるのです。

麻酔液を注入する際も一気に圧をかけず、反応を見ながら少しずつ流し込むことで、患者さまの負担を軽減しています。もちろん治療は、完全に麻酔が効いたことを確認してからスタート。痛みに弱い方もご安心ください。

また、上記の他にも、以下のような痛みを抑える取り組みを行っています。

 
  • 表面麻酔の塗布
    ゲル状の麻酔薬を歯ぐきに塗って、感覚を鈍らせた上で麻酔注射を打ちます。「チクッ」とした針を刺す痛みを感じなくなります。
  • 冷たい麻酔液は使用しない
    麻酔液を事前に温め、麻酔液と体温との温度差をなくしています。この温度差がないほど痛みを感じにくくなります。
  • 極細の注射針を採用
    超極細の針を使用。注射針が細いほど、注射時の痛みが少なくて済みます。

なるべく歯を残すMI治療を実践しています

歯は削れば削るほど脆くなることをご存知ですか?そのため当院では、MI(ミニマルインターベンション)を実践。MIとは、歯を削る範囲を最小限に抑える治療のことです。

具体的には、以下のような取り組みを行っています。

むし歯検知液を使用

むし歯の部分を赤く染め出す「むし歯検知液」を使用。これにより、健康な部分と虫歯に侵された部分をしっかり判別でき、必要な箇所にのみアプローチします。

さまざまなサイズの切削バーを使い分け

小さなものから大きなものまで、様々なサイズの切削バー(歯を削るドリル)をご用意しています。これをむし歯のサイズに合わせて使い分けます。このことで、より慎重に処置を進めることができ、なるべく健全な歯質を残すことができます。

コントラを併用

一般的に、歯を削る際は「タービン」という高速回転する器具を使用します。しかし当院では、「コントラ」と呼ばれる回転速度を抑えた器具も兼用。タービンとコントラを使い分けることで、より繊細に歯を削ることができます。

手用エキスカで慎重にアプローチ

むし歯で柔らかくなった部分は、「エキスカ」とよばれる手用の道具を使用して処置します。特にお子さまの治療や、神経を抜くかどうか際どい場合は、手用に持ち替えてより慎重に進めます。

コンポジットレジン(プラスチック)を使用

歯と歯の間や、奥歯のものを噛む面などにできた小さなむし歯は、コンポジットレジンという歯科用のプラスチックで削った部分を埋めます。コンポジットレジンは、金属の詰め物に比べて削る範囲を抑えられること、メタルフリーで金属アレルギーがない、歯の色に近い素材のため銀歯のように目立たない、などのメリットがあります。さらに、歯型を取る必要がなく、削ったその日に治療が完了します。

むし歯治療の流れ

むし歯の検査

検査器具やレントゲンで、むし歯の進行度合いを調べます。

治療計画の説明

むし歯がどんな状態なのかをご説明し、治療計画をご案内します。

むし歯の部分を取り除く

むし歯の病巣を取り除きます。歯の神経まで虫歯が達している場合は、神経の治療も行います。

詰め物や被せ物を装着

むし歯の進行度合いや大きさに応じて、詰め物や被せ物を装着します。

再発予防

むし歯を再発させないために、定期検診や歯のクリーニングを受けることをおすすめします。